主にMMDやBlenderの個人的なメモ用です。一部に成人向けの内容を含みます!未成年の方はご覧にならないでください!

Blender AddonのSpring Bones Addonや、Wiggle bonesを使ってMMDモデルの胸を揺らす際の覚え書きです。


このページでは例としてハイフェンA2さんを使わせてもらいます。
MMDモデルの胸の剛体とJointは削除しています。

試した範囲では、Wiggle bonesの方がそれらしく揺れました。(Spring BonesはMMDのモデルのボーン構造と相性が悪い?)


Blenderへのインストール

Spring Bones Addon


Spring Bones Addonの右上Clone or downloadをクリックし、Download ZIPからZIPファイルをダウンロードします。

圧縮ファイルの中のspring_bones.pyを''blender-[ver]-[OS]\[ver]\scripts\addons''にコピーします。
(フォルダごとコピーするとBlenderが認識しません)


Blenderを起動し、メニューバーの編集プリファレンス...アドオンから検索バーに"spring"と入力してAnimation: Spring Bonesの左のチェックをオンにします。

Wiggle bones


Wiggle bonesから.pyスクリプトをダウンロードします。


Blenderを起動し、メニューバーの編集プリファレンス...アドオンからインストール...をクリックしてダウンロードした.pyスクリプトを指定します。
検索バーに"wiggle"と入力してAnimation: Wiggle Boneの左のチェックをオンにします。

MMDモデルの胸を揺らす

MMDモデルのインポート

Blender 2.8 mmd_tools Addon/インポートを参考にして下さい。

MMDモデルにSpring Bonesを使ってみる


オブジェクトモードからボーンを選択し、Ctrl+TABキーを押してポーズモードへ入ります。
胸のウェイトが塗られたボーン(できれば左/右胸ボーンの親)を選択してボーンプロパティからSpring Bones項目のBone Prameters下のばね回転にチェックを入れます。


反対側の胸ボーンを選択して同じくチェックを入れます。
Start - Animation Modeをクリックします。


上手く胸ボーンを選択設定できていればアウトライナーに左/右胸ボーン名_springと左/右胸ボーン名_spring_tailというオブジェクトができます。


Spaceキーを押して再生してみます。
揺れすぎていたり硬いと感じたらStopボタンを押してからパラメーターを調整し、もう一度Start - Animation Modeをクリックします。


いい塩梅になったら、トップバー下のポーズからアニメーションアクションをベイク...を選択し、選択ボーンのみのチェックを外してベイクします。
各パラメーター
  • Bouncy
デフォルトで0.50です。
弾性です。
値が小さいと跳ねません。
大きいとよく跳ねます。

  • 速度
デフォルトで0.70です。
小さいほど動きが遅くなります。
大きいと素早く動きます。
  • 重力
デフォルトで0です。
たるみです。

  • 影響
デフォルトで1.00です。
1だとボーンは完全にSpring Bones Addonの影響下にあります。
0だとまったく影響を受けません。

Spring Bonesは左/右胸ボーンが一つずつしかないモデルにはあまり適していません。そういったモデルには下記のWiggle bonesを使いましょう。

MMDモデルにWiggle bonesを使ってみる


オブジェクトモードからボーンを選択し、Ctrl+TABキーを押してポーズモードへ入ります。
胸のウェイトが塗られたボーンを選択してボーンプロパティからWiggle Boneにチェックを入れます。


反対側の胸ボーンを選択して同じくチェックを入れます。


Spaceキーを押して再生してみます。


ベイクします。
Bake Wiggle下のAdditive Bake:にチェックが入っているのを確認し、Bake Wiggleボタンをクリックします。
反対側の胸ボーンも同様にベイクします。
各パラメーター
  • Stiffness
デフォルトで0.20です。
硬さ(ボーンが元の位置に戻ろうとする動きの速さ)の設定のようです。0〜1の範囲で指定します。

  • Dampening
デフォルトで0.20です。
フレームごとに失われるテンションの範囲の設定のようです。0〜1の範囲で指定します。
0だと何時までも揺れ続けます。

  • Amplitude Rotation
デフォルトで30.00です。
値が大きいほどボーンの回転が大きくなります。
  • Amplitude Translation
デフォルトで0.50です。
値が大きいほどボーンの位置が大きく変わります。
  • Stretching
デフォルトで0.50です。
ボーンの伸びる値です。0〜1の範囲で指定します。
値が大きいとよく伸びます。0だとまったく伸びません。

  • Gravity
デフォルトで0.50です。
重力です。
値が高いと垂れ下がります。
タグ

Menu

モデル/アクセサリ/素材など

エンコード

コーデック エンコードソフトウェア

その他

波形編集ソフト


【メニュー編集】

管理人/副管理人のみ編集できます