主にMMDやBlenderの個人的なメモ用です。一部に成人向けの内容を含みます!未成年の方はご覧にならないでください!

成人向けの内容を含みます!未成年の方はご覧にならないでください!

モデルの規約によっては改造だけでなくMMDとその派生型以外のソフトウェアにモデルを持っていくこと自体を禁止しているものもあります。ご注意ください!!

Blender 2.9とPmxEditorを使ってMMDモデルに性器を移植します。

このページでは例としてmamamankai改7.51モデルの性器をRGBA式こだまちゃんモデルへ移植します。

このページの方法は性器周辺のみがないか、埋まっている(つるつる)モデルには有効ですが下腹部ごと無いようなモデルに対しては意味がありません。
そういったモデルに対してはMMDモデルの頭部の挿げ替えを参考にボディ(または頭部)を挿げ替えます。

Blenderの下記のアドオンを利用します。
アドオンのインストール方法などはこちらを、mmd_toolsについては【Blender2.9】 mmd_tools 【Addon】をご覧ください。

今回のケースでは大丈夫でしたが、場合によってはシェイプキーが破損して爆発する場合もあります。
そういった場合はShapeKey-Helpers Addonをご利用ください。


移植元性器モデルの準備

性器のモデル(パーツ)としてmamamankai改7.51モデルの少女A751新UV.pmxを利用させてもらいます。
そのままでは扱いにくいのでPmxEditor上で編集を行います。


Joint剛体表示枠の順にすべて削除します。
表示枠の[表情]モーフ欄は残しておきます。


材質タブから上の画像の通りに性器関係以外の材質を削除します。


今回利用させてもらう性器モデルでは(UVの関係で)大陰唇周囲はそのまま残し、それ以外の材質を大陰唇に結合します。


ボーンタブから下半身と性器に関するボーン以外をすべて削除します。


モーフタブから必要な物のみ残し、残りを削除します。


現在の状態では材質を結合しただけで、重複頂点が複数あります。Blenderで編集する際に面倒になるので頂点を統合します。

pmxViewウインドウで[Ctrl]+[A]キーを押し、材質を全選択します。
pmxViewウインドウの編集(E)から選択頂点(V)近距離頂点の結合(N)を選択します。
対象距離0.00001程度にしてOKをクリックします。


後は名前を付けて保存すれば完了です。(ここでは”性器.pmx”と仮名します)

PmxEditorで性器移植先モデルへマージ


先程の”性器.pmx”とテクスチャ(を含むフォルダ)を移植先のモデルのフォルダへコピーします。


PmxEditorで移植先のモデルを開きます。
Pmx編集ウインドウに”性器.pmx”をD&Dして、追加選択/サイズ調整インポート方式追加にします。
モデル調整同名ボーンのマージにチェックが入っているのを確認してOKをクリックします。

モデルを別名で保存して次のステップに行きます。

Blenderでの作業

BlenderへMMDモデルのインポート


Blenderへのモデルのインポートの詳細については【Blender2.9】 mmd_tools 【Addon】/インポートをご覧下さい。
今回は上図の設定でインポートしました。読み込み時の倍率(スケール)は0.08です。

一部モデルではClean Model(モデルをクリーン)や、Remove Doulbles(重複頂点をクリア)オプションを有効にした方が良いかもしれません。
※ただしこれらのオプションは一部モデルでモーフが壊れるなど悪影響がある場合もあるのでご注意ください

編集前の作業


Blenderのトップバーの下のビューからサイドバーをクリックするか、3Dビュー(画面中央の領域)で[N]キーを押してサイドバーを表示させます。


サイドバーのその他タブからMMD Display(MMD表示)のアーマチュアのチェックを外し、編集する際に邪魔なボーンを非表示にします。


インポートしたMMDモデルのメッシュオブジェクトを選択した状態でサイドバーのMMDタブからSeparate By Materials(マテリアルで分離)をクリックしてMMDの材質ごとにオブジェクトを分割します。
モデルの頂点数やPCスペックによっては少しの間、Blenderが応答しなくなりますが気長に待ちましょう。


メッシュオブジェクトが分割されたら[H]キーを押していったん全てのオブジェクトを非表示にします。
(選択を解除してしまったら、3Dビュー上で[A]キーですべてのオブジェクトを選択できます)


右上のアウトライナーを開き、性器を追加する下腹部(ボディ)オブジェクトと、PmxEditorでマージした性器オブジェクトの右側にある目玉マークをクリックして表示させます。


大陰唇周囲大陰唇を[Shift]キーを押しながらクリックして複数選択し、[Ctrl]+[J]でオブジェクトを結合します。


[TAB]キーを押して編集モードへ入り、[A]キーで性器オブジェクトの頂点を全選択して[M]キーから距離でで、重複頂点をマージ(結合)します。
マージし終えたら[TAB]キーを押してオブジェクトモードへ戻ります。
性器のモリマンを修正
個人の好み等もあると思いますが、mamamankai改7.51モデルの性器はモリマン気味なため修正します。


性器オブジェクトを選択して[TAB]キーを押して編集モードへ入り、[A]キーで性器の頂点を全選択します。
右クリックのメニューから頂点をスムーズにをクリックし、3Dビュー左下の項目を開いてリピートを3から5程度にします。
スムーズし終えたらもう一度[TAB]キーを押してオブジェクトモードへ戻ります。

ボディの穴あけなど

このモデルは性器周辺が埋まっているタイプなので下腹部の頂点を削除して穴を開けますが、その前に性器オブジェクトの位置をある程度、移動させておきます。
(今回利用させてもらうRGBA式こだまちゃんモデルの場合、先にボディ材質の重複頂点をBlenderで削除しておきます)


まずはテンキーの[3]を押して視点を真横からにし、テンキーの[5]を押して平行投影に切り替え、[Z]キーからワイヤーフレームを選択してワイヤーフレーム表示にします。
(テンキーの[1]が真正面、[3]が左からの視点、[7]が真上、[Ctr]キー+[1]or[3]or[7]でそれぞれ後方、右から、下からの視点)


性器オブジェクトを選択した状態で[G]キーを押してマウスで性器オブジェクトを移動させ、程々でいいので位置を合わせます。
([G]キーで移動、その後に[X],[Y],[Z]キーのいずれかを押すことで移動軸をそれぞれX,Y,Z軸に固定できる)


テンキーの[1]キーを押して視点を真正面にしてみて、さらに上下位置などを修正します。
(この時は左右に移動しないよう、[G]→[Z]の順にキーを押しておきましょう)


位置が決まったら、ボディオブジェクトを選択して[TAB]キーを押して編集モードへ入ります。
テンキーの[1]キーを押して視点を真正面にし、穴を開ける部分の周辺を大雑把に[B]キーでボックス選択します。


[Ctrl]+[I]キーで選択範囲を反転させ、[H]キーで非表示にします。


ここから頂点を削除していきます。
削除する頂点を選択して[X]キーから削除頂点で頂点を削除して穴を開けていきます。
(テンキーではなく、キーボードの[2]から辺を辺選択モードで、[3]を押して面を面選択モードから削除していっても良い)


一度に大量の頂点を削除せず、細かく消していく方が良いかと思います。
[Z]キーからソリッド表示に切り替えたり、[Alt]+[Z]キーで透過表示を切り替えたりしながら削除していきます。
(ソリッド表示、ワイヤーフレーム表示共に透過表示をON/OFFできる)


今回はこのように穴を開けました。
[TAB]キーを押してオブジェクトモードへ戻ります。

性器オブジェクトの編集

まずはプロポーショナル編集を使って性器オブジェクトの形状を大まかに修正します。

性器オブジェクトを選択し、[TAB]キーで編集モードへに入ったら3Dビュー上部のボタンをクリックするか、[O]キーでプロポーショナル編集モードを有効にします。
性器オブジェクトの縁の頂点をいくつか選択し、大まかにボディ側の穴からはみ出ないように移動させます。
※プロポーショナル編集モードは初期では影響範囲が大きすぎるのでマウスホイールで範囲を縮小させる必要がある

大まかに頂点を移動させたら、プロポーショナル編集モードをOFFにしておきましょう。
[TAB]キーを押してオブジェクトモードへ戻ります。


性器オブジェクトとボディオブジェクトを[Shift]キーを押しながら複数選択し、[Ctrl]+[J]でオブジェクトを結合します。
その状態で[TAB]キーを押して編集モードへ入ります。


性器オブジェクトの頂点が選択されている場合は[Alt]+[A]キーでいったん選択状態を解除します。
[Alt]キーを押しながらボディ側の穴の縁をマウス左クリックして辺ループ選択し、続いて[Shift]キーを押しながら性器オブジェクトの縁を辺ループ選択します。
([Alt]+[マウス左クリック]で性器オブジェクトの縁→[Shift]+[Alt]+[マウス左クリック]で性器オブジェクトの縁)


トップバー下のから辺ループのブリッジをクリックします。


選択状態を解除しないまま、性器周辺にマウスカーソルを持っていって[L]キーでリンク選択します。
3Dビュー左下のリンク選択を開いて区切りマテリアルにします。
性器のパーツで選択されていないものがある場合はそこへマウスカーソルを持っていって同じく[L]キーでリンク選択します。

ボディ側の穴の縁の頂点と性器のすべての頂点が選択された状態にします。


マウス右クリックメニューから頂点をスムーズにを選択し、3Dビュー左下の頂点をスムーズにオペレーターを開いてリピート5から10程度にします。
スカルプトモードを利用したモーフ(シェイプキー)の修正
性器の挿入モーフ(シェイプキー)などをスカルプトモードを利用して修正します。
(モリマン気味な場合などはBasisシェイプキーを選択した状態でBasisをスカルプトモードで修正してから)


[Ctrl]+[TAB]キーからオブジェクトモードに入り、右下のオブジェクトデータプロパティからシェイプキー膣挿入などの修正するシェイプキー(モーフ)を選んで値を1.0にします。


[Ctrl]+[TAB]キーからスカルプトモードへ入り、左側のツールバーからブラシをスムーズにします。
3Dビュー上でマウスを右クリックしてブラシの半径70から100程度に、強さ0.3から0.5程度に設定します。
3Dビュー右上の対称化オプションをX軸で有効にします。


追加した性器の縁とボディの縁の境目付近をスムーズブラシで均していきます。
[Ctrl]+[Z]キーでアンドゥ(操作を元に戻す)、[Shift]+[Ctrl]+[Z]キーでリドゥ(元に戻す操作の取り消し)ができます。


シェイプキーの修正が完了したら、シェイプキーの値を0に戻しておきます。


次にアナル挿入モーフ(シェイプキー)を修正します。
体の外側からだけでなく、内側からも境目付近にスムーズブラシをかけるときれいにしやすいです。
時折、[Z]キーからマテリアルビューワイヤーフレーム表示に切り替えてみるのも良いでしょう。

シェイプキー(モーフ)の修正が終わったら、編集したシェイプキー(モーフ)の値を0にし、Basisシェイプキーを選択した状態にします。

法線の修正
法線を修正するために性器オブジェクトを分離させます。


[Ctrl]+[TAB]キーから編集モードへ入ります。


性器オブジェクトの編集と同じ方法で[L]キーでリンク選択(マテリアル)で性器オブジェクトを選択します。


[P]キーを押して分離選択を選択します。
[TAB]キーを押してオブジェクトモードへ戻り、分離された性器オブジェクトのみを選択します。


[A]キーですべての頂点を選択し、サイドバーのExtended ToolsからY.A.V.N.EVertex Nomal Weightコーナー角度でその右隣りの[+]ボタンをクリックします。


[Alt]+[A]キーで選択状態を解除し、[Alt]キーを押しながら性器の縁をマウス左クリックして辺ループ選択して、Y.A.V.N.ETransfer Shading右下のスポイトボタンでボディを選択するか、空欄からボディオブジェクトを選択してTransfer Shadingボタンをクリックして性器の縁の法線をボディに合わせます。

スカルプトモードを利用したパンツの修正

モデルへ性器を追加した場合、モデルの構造にもよりますがパンツなどから性器がはみ出る(貫通する)場合があります。
これをスカルプトモードでパンツを編集して修正します。


右上のアウトライナーからパンツなど、修正する対象のオブジェクト(材質)を選択し、オブジェクト名の右隣にある目玉アイコンをクリックして非表示から表示へ切り替えます。


対象のオブジェクト(材質)を選択した状態で[Ctrl]+[TAB]キーからスカルプトモードへ入ります。


3Dビュー右上の対称化オプションをX軸で有効にし、ドローブラシで性器が貫通しないようにパンツなどを修正します。

修正し終えたら[Ctrl]+[TAB]キーからオブジェクトモードへ戻ります。

テクスチャの修正


今回利用させてもらったmamamankai改7.51モデルの性器の場合、性器オブジェクトを選択した状態でサイドバーのMMDタブからマテリアルで分離を選択して大陰唇周囲大陰唇に分離させておかないとUVの関係でテクスチャがおかしくなります。


オブジェクトモードでボディのオブジェクトを選択します。


トップバーからTexture Paintタブを開きます。


左側の画像エディターウインドウ上にマウスカーソルを持っていって[N]キーを押すか、トップバー下のビューからサイドバーを選択してサイドバーを表示させます。


画像エディター上でボディ材質に割り当てられたテクスチャが表示されているはずですが、違う画像が表示されていたりなにも表示されていない場合は上図のアイコンをクリックしてボディのテクスチャを選択します。


テクスチャの肌色の部分にマウスカーソルを持っていって[S]キーを押すと色を取得できます。
([S]キーを押すだけでいい、マウスクリック不要)


上図の赤丸で示したアイコンから性器オブジェクトのテクスチャを選択、表示させます。


右側の3Dビュー上にマウスカーソルを持っていって[Ctrl]+[TAB]からオブジェクトモード→性器のオブジェクトを選択→[Ctrl]+[TAB]で編集モード→[A]キーで全頂点を選択すると、左側の画像エディターにUVマップが表示されます。
これを参考に先ほど取得した色でボディとの境界付近をボディの色で塗っていきます。


塗り終えたら画像を保存します。
画像エディター上部の画像から名前をつけて画像を保存...を選択し、画像を別名保存しておきます。

モデルによっては股間に陰影色がグラデーションで塗ってある場合があります。
そういったモデルに対しては[Ctrl]+[TAB]からテクスチャペイントモードでスポイトでボディの色を取得しつつ塗るか、MMDモデルの頭部の挿げ替え/体と頭の色を合わせるを参考にベースカラーと陰影色でAOベイクしてGIMP等で合成する...などの方法があります。

MMDモデルのエクスポート


右上のアウトライナーからモデルの親エンプティを選択(非表示の場合は表示させる)してサイドバーのMMDタブから、モデル:エクスポートを選択してエクスポートします。


MMDモデルのインポート時のスケール(倍率)を0.08にしていた場合、エクスポート時のスケール(倍率)は12.5に設定します。
元の.pmxファイルがある場所以外にエクスポートする場合は、テクスチャをコピーオプションを有効にしておくとテクスチャがコピーされます。

エクスポートする.pmxは必ず別名で保存しましょう。

PmxEditorで材質の設定


PmxEditorでエクスポートしたモデルを開き、PmxEditorの材質タブからボディ材質を右クリックして材質のコピー(名称以外)を選択します。


性器の材質を選択して、右クリックから材質の貼り付けを選択します。


性器の材質のテクスチャ/メモTex:にBlenderで保存した画像を割り当てます。

モデルを保存すれば完成です。
タグ

Menu

モデル/アクセサリ/素材など

Blender 2.9 LTS


※下記のページは古いものです

エンコード

コーデック

エンコード/動画編集ソフトウェアなど

その他

波形編集ソフト

管理人/副管理人のみ編集できます