主にMMDやBlenderの個人的なメモ用です。一部に成人向けの内容を含みます!未成年の方はご覧にならないでください!

MMDモデルの規約によってはMMDやその派生ソフトウェア以外にモデルを持っていくのを禁止している物もあります!ご注意下さい!

Blenderへmmd_toolsを使ってインポートしたMMDモデルの足など、IKを動かすとおかしくなる際の対処方法の覚え書きです。

(補助)IKボーンのLoop回数(反複数)を増やすだけです。


←修正前:修正後→


このページでは、こだまちゃん Ver1.0モデルを利用させてもらいます。

モデルのBlenderへのインポート方法などは、mmd_tools/インポートをご覧下さい。



Change MMD IK Loop Factorで治す


モデルをインポートしたら、アーマチュア(ボーン)を選択してオブジェクトプロパティのMMD Model Information項目を開きます。
項目内の下から2番目のChange MMD IK Loop Factorをクリックします。


MMD IK Loop Factorの値を1から、5程度に設定し、OKをクリックします。

これで完了です。

Change MMD IK Loop FactorはBlenderの(選択していないものも含む)全てのIKボーンの反複に乗数を適用します。


下の項目は古い内容です。
手動で望んだIKのみ反複を上げたい場合など以外では面倒なだけです。

ポーズモードへ入り、非表示ボーンを表示させる


ボーンを選択した状態で[Ctrl]+[TAB]キーを押してポーズモードへ入ります。


[Alt]+[H]キーを押して非表示ボーンを表示させます。

ボーンコンストレイントタブから反複の値を増やす


右下のボーンコンストレイントタブからIKの反複の少ないボーンを探し出し(このモデルの場合は足非捩反複の値を30程度まで上げます。


足を持ち上げるとふとももがぺちゃんこになるのが治りました。
タグ

Menu

モデル/アクセサリ/素材など

Blender 2.9 LTS


※下記のページは古いものです

エンコード

コーデック

エンコード/動画編集ソフトウェアなど

その他

波形編集ソフト

管理人/副管理人のみ編集できます